著作権登録の対象となる著作物か否かの判断について

著作権の登録を検討する場合、まず対象の創作物が著作権法で定められている「著作物」で有るか否の判断
が必要になります。
 

1.著作物とは

著作権法では、著作物を「思想又は感情創作的に表現したものであって、文芸学術美術又は音楽の範囲に
属するものをいう。」と定義されています。(法第2条1項1号

つまり、次の4つの要件を満たしたものが、著作物として登録の対象になります。
 ・「思想又は感情」の表現であること
 ・「創作的」なものであること
 ・「表現したもの」であること
 ・「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」であること

もう少し分かり易くいうと、著作者が自分の気持ちを自分なりに工夫して表現した文化的成果物と云えるものが、
著作物であるということです。

著作権法では、著作物とはどの様なものかを、例示しています。 
 

2.一般の著作物の例示

一般の著作物を例示します。(法第10条
 項   目 内    容 
言語の著作物  論文、小説、脚本、詩歌、俳句、手紙、レポート、作文、講演など 
音楽の著作物  楽曲(作曲)及び楽曲を伴う歌詞(作詞)など 
舞踊、無言劇の著作物  日本舞踊、バレエ、ダンス等の舞踏、パントマイムの振り付けなど 
美術の著作物  絵画、版画、彫刻、マンガ、書、舞台装置など
(茶碗、壺、刀剣等の美術工芸品を含む) 
建築の著作物  芸術的な建造物自体(なお、設計図は図形の著作物になる) 
地図、図形の著作物  地図、学術的な図面、図表、模型など 
映画の著作物  劇場映画、テレビ映画、アニメ、ビデオ、ゲームソフトの映像部分など 
写真の著作物    写真、グラビアなど 
プログラムの著作物  コンピュータ・プログラム 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


3.特別な著作物

 @ 二次的著作物
   二次的著作物とは、基となる著作物(原著作物)に変更等を加えて、新たに創作された別の著作物のことです。
   著作権法では「著作物を翻訳し編曲し、若しくは変形し、又は脚色し映画化しその他翻することにより
   創作された著作物をいう」と定義されています。(法第2条1項11号
   二次的著作物の例としては、翻訳された書籍、小説を映画化したもの、既存の楽曲を編曲したもの等が挙げ
   られます。

 A 編集著作物
   著作権法では、「編集物(データベースに該当するものを除く)でその素材の選択又は配列によって創作性を
   有するものは、著作物として保護する。」と定められています。(法12条1項

   編集著作物の例としては、新聞、雑誌、百科事典、詩集、論文集等の編集物が挙げられます。

 B データベースの著作物
   著作権法では、「データベースでその情報の選択又は体系的な構成によって創作性を有するものは、著作物
   として保護する。」と定められています。(法12条の2の1項
   情報の集合体で、その情報をパソコン等で検索できるように体系的に構成されたもので、例えば、百科事典、
   新聞、雑誌、詩集等の編集物で、パソコン等で検索できる
ものが挙げられます。

 

4.著作権の保護を受けない著作物法13条

下記に示す著作物は、著作権保護の対象外の著作物ですので、著作権登録ができません。

  a.憲法その他の法令(地方公共団体の条令、規則を含む)
  b.国や地方公共団体又は独立行政法人・地方独立行政法人の告示、訓令、通達など
  c.裁判所の判決、決定、命令など
  d.a.〜c.の翻訳物や編集物(国、地方公共団体又は独立行政法人・地方独立行政法人が作成するもの)

    

5.著作物に該当しないもの

下記に示すものは、著作物に該当しませんので、著作権登録ができません。

 @ アイディアや理論等の抽象的なもの
   著作物は、「表現されたもの」が保護の対象ですので、アイディアや理論等は著作権ではなく、特許権として
   保護されるべきものです。     
   (但し、アイディアや理論等の解説をドキュメント(解説書等)にまとめた場合、そのドキュメント自体は著作物
   になります。)

 A 単なるデータ
   例えば、膨大な時間や費用をかけて計測したデータは、「思想又は感情」を表現したとはいえないので、著作
   物ではありません。

 B 誰が表現しても同じようなもの
   著作物は、「創作的」に表現したものでなればなりません。
   例えば、死亡公告、お知らせ欄等の事実の伝達にすぎないもの、絵画をそのまま写した写真、流行語やキャ
   ッチフレーズ、単なる記号等は著作物ではありません。

 C 自動車、電気製品のデザイン等の実用品に関する意匠等
   実用品に関する意匠等は、著作物ではありません。
   但し、茶碗、壺、刀剣等の美術工芸品といえるものは著作物になり得ます。

▲このページのトップに戻る